タイプ

遺伝の前には無力?

比較的若い頃から年敏を数えると共に減少して行く自身の髪を「親父も祖父もそうだったから、これも運命」と諦め肩を落とす人も少なくありません。
確かに抜け毛や薄毛の代表的な要因に遺伝が挙げられる事は否定出来ません。
生命の摩訶不思議かつ奥深いバトンを受け継いでしまった以上、体質的に逃れられないのも、髪に悩む当事者からすれば残酷過ぎる現実でしょう。

ですが「遺伝だから何をやっても無駄」という諦めに関しては、正直疑問が残ります。
薄毛や抜け毛のキッカケとなっているのはあくまで、各自の頭皮深層部の毛母細胞という髪を新たに製造する細胞周辺の働きの劣化であり、この部分の活動を活性化させる事が出来れば、薄毛や抜け毛を改善出来るのは医学的に見ても当然の事なのです。
遺伝という厄介なバトンが当事者にもたらしているのは、あくまで一般の人達と比較して若年時から、この毛母細胞周辺が弱体化してしまうという「体質の遺伝」なのです。

だからこそ育毛剤の早期使用がポイントとなって来るのです。
育毛剤は何も、薄毛や抜け毛が見た目に顕著になってから用いる製品では無く、これら髪のトラブルを未然に防ぐ為に用いても何の問題も無く、むしろこうした早期予防にこそ活用したいアイテムなのです。
実際現時点では全くこうした髪のトラブルの不安を感じさせない多くの若者達が育毛剤で予防に勤しんでおり、こうしたユーザー層をターゲットにしたヒット商品も数多く市場に送り出されているのです。

また既に抜け毛や薄毛の症状が確認されていて、その主たる要因が遺伝だと推察される方であっても、更なる進行を食い止め、その先の症状改善を見据えて育毛剤を継続使用している愛用者は数え切れません。
「どうせ最後は全て無くなってしまうのだから、お金を遣うのも勿体無い」と判断するのも個人の自由ですが、日々自身の頭髪を気にしながらの毎日は精神衛生面から見ても、決して好ましい毎日とは言えません。
育毛剤を正しく利用しつつ、食生活や睡眠時間の確保など規則正しいライフスタイルを得る事が結果、頭髪の状態のみならず心身の健康にとってもプラスとなる事でしょう。
育毛剤の継続使用が間接的に規則正しいストレスレスな生活を実現してくれるとすれば、髪の復活の可能性への期待値も含め、一定金額の投資は決して無駄ではありません。


Copyright(C) 2013 育毛を促進する役目 All Rights Reserved.